ATF交換・CVTF交換 – 役割・必要性・交換時期を知って快適ドライブ

オートバックス ATF交換・CVTF交換

シフトショックの解消、燃費の向上に効果あり!
愛車のコンディション維持に欠かせないメンテナンス
ATF交換・CVTF交換。

フルードとしての役割を最大限に引き出すために定期的な交換が必要!エンジンからタイヤに伝わる回転を減速するトランスミッションに使われるミッションオイルのメンテナンスメニューがATF交換・CVTF交換です。

エンジンオイルと同様にATF・CVTFもベースはオイルです。時間の経過とともに劣化していき、燃費が悪化したり、ギアが入りにくくなったり、変速ショックが大きくなるなどの症状があらわれます。

ATF・CVTFの役割

ATF
[オートマチックトランスミッションフルード]

ATFはオートマ車用のミッションオイルで、動力の伝達・シフト制御・部品の潤滑・AT[オートマチックトランスミッション]の冷却/洗浄など重要な役割を果たすオイルです。

ミッション内部を循環するATFは、クラッチ操作やギアチェンジを行う作動油・潤滑油でありながら回転を伝える働きがあります。

CVTF
[コンティニュアスリーバリアブルトランスミッションフルード]

CVTFはCVT車用のミッションオイルで、CVT[2種類の滑車とベルトを利用した自動変速機=無段変速機]の滑車の溝幅を油圧動作で調整するためのオイルです。

CVT内部のプーリー[滑車]やベルトを潤滑するのが主な役割です。

オートマチックとCVTに使われるオイルは似ているように思えますが性質は異なります。互換性はないので注意が必要です。

ATF・CVTFは劣化します

原因

ATFもCVTFも空気や熱の影響で徐々に酸化します。またトランスミッション内部の金属パーツが摩耗することでフルードに金属粉が混じるようになります。

リスク

ATFやCVTFを交換しないまま走り続けると、酸化物質や金属粉・水分などが混ざりあってスラッジが各部に堆積することがあります。スラッジの堆積はトラブルを招くリスクとなります。

ATF交換・CVTF交換の
必要性

オートバックス ATF交換・CVTF交換

エンジンオイルと同様にATF・CVTFもベースはオイルです。熱による酸化や摩耗粉の混入などにより時間の経過とともに劣化していき、燃費が悪化したり、ギアが入りにくくなったり、変速ショックが大きくなるなどの症状があらわれます。そのためフルードとしての役割を最大限に引き出すために定期的な交換が必要となります。

車の取扱説明書を見ると「無交換」や「ご相談ください」などの明確な回答がない場合もあります。この場合、AT・CVT自体の寿命が長くなってきていることで不具合が出れば基本的にまるごと交換することが前提となっています。

実際「100,000km走ったから急に壊れる」ということは少ないですが、愛車を長く保有したい・燃費を維持したい方は定期的もしくは早い段階での交換をおすすめしています。

ATF・CVTFの交換方法

オートバックス ATF交換・CVTF交換 オートバックス ATF交換・CVTF交換

オートバックスではATF交換・CVTF交換に専用のチェンジャーを使用しています。交換前に必ずチェンジャーで汚れのチェックを行います、見た目の汚れだけでなく独自の基準で交換の必要性を判断できます。※車種によってチェックできない場合あり。

交換方法は大きく分けて2つあります。

循環交換方式
チェンジャーを使用して、圧力をかけてフルードを挿入し強制排出~循環させる交換方法。徐々にフルードが綺麗になっていくイメージです。交換率が高く、全体的に新しくなります。ただし圧力をかけて循環させるため、長期間交換していない場合は固着した不純物を循環させる恐れがあり要相談となります。

下抜き
エンジンオイル交換のように、下のドレンプラグから排出しチェンジャーで新しいフルードを入れます。エンジンオイルと同様にパンにたまった量の交換で、一度に全部綺麗にするのではなく定期的な交換が重要です。

ATF・CVTFの交換時期

オートバックスでは定期的なATF交換・CVTF交換を推奨しています。

劣化したオイルを使い続けるとトランスミッション本体の故障を引き起こす恐れがあるため、車種や走行環境によって大きく変化しますが、ATFは走行距離30,000kmに1回・CVTFは走行距離40,000kmに1回の交換をおすすめしています。

交換の目安は、ATFが走行距離30,000kmに1回・CVTFが走行距離40,000kmに1回。

推奨される交換サイクルをオーバーして無交換のまま60,000km以上走行した場合、トランスミッションそのものの詳細確認が必要となるケースがあります。

また重度に劣化が進んだ場合は、ATFを新油に変える時に各機構の磨耗・摩耗粉などがトラブルの原因につながり作業をお断りさせていただくことがあります。まずは店舗へご相談ください。

ATF・CVTFの料金と
作業時間

交換工賃の目安

軽自動車は税込7,150円~・普通乗用車は税込8,800円~
オイル代と工賃がセットのコミコミ価格

交換作業時間の目安

約30分~

過走行のクルマへのオプション

オイル性能をクイック回復!過走行でATF交換・CVTF交換をあきらめている方や加速・燃費が悪くなったと感じている場合は、性能復活剤リバイブコンディショナーを使用するとATF・CVTFの性能が復活します。作業時間は15分~・持続効果は1~2年、お気軽にご相談ください。

予約はこちらから

実績多数あり!
希望日時に確実にATF交換・CVTF交換を行うために予約を受付中です。 詳しくは店舗へお問い合わせください。


魅力的な特徴を徹底的にご説明&納得できる買い物のお手伝いをさせていただきます。愛車のコンディション維持に欠かせないメンテナンスのこともオートバックスへお気軽にご相談ください。【2022年6月掲載情報】

カーエアコンのリフレッシュキャンペーン – 暑い車内を快適に

7月1日(金)から8月31日(水)まで実施

オートバックス カーエアコンのリフレッシュキャンペーン

本格的な夏の暑さに備えて!
カーエアコンの冷房の効きを向上して
快適ドライブを可能にする
ピットサービスメニューが特別価格。

特に「蒸し暑い梅雨」や「強い日差しで厳しい暑さの夏」の対策に役立つピットメニュー!効きの悪くなったカーエアコンを快適な状態へとリフレッシュさせるエアコンガスのクリーニング&エアコンガスの漏れ止め処理をお得な価格で実施できるキャンペーンを、7月1日(金)から8月31日(水)まで実施します。

エアコンガスクリーニング

カーエアコンの冷房の効きを向上!カーエアコンに使用されているフロンガスは水分を含みやすく、ガスが抜けていないにもかかわらず長期間の使用で冷却能力が低下する性質があります。

効きの悪くなったカーエアコンを快適な状態へとリフレッシュさせるための強い味方がエアコンガスクリーニングです。

[R-134aのみ作業可能・R-12/R-1234yfは作業不可]

エアコンガスクリーニングとは

こんな症状に

こんな症状のクルマにはエアコンガスクリーニングがおすすめです。

あまり冷えない

もっと冷やしたい

メンテナンス不足

要注意!カーエアコンを経年劣化などの悪い状態のまま使用しているとエアコンコンプレッサーの故障の原因となり、コンプレッサー交換が必要となった場合は高額な修理代がかかることがあります。

施工するメリット

エアコンガスをクリーニングすることで冷却力を回復させます!エアコンガスをクリーニングすると同時にチャージも行います。エアコンコンプレッサーオイルも充填、密閉性が向上し本来の機能を回復させることができます。

最新の設備によりハイブリッド車も作業可能です。またエアコンガスのリサイクルを実施して環境にも配慮しています。

施工の特徴

真空引き

カーエアコンシステム内の真空引きを行い、エアーや水分を取り除きます。

充填・補充

特殊な高精度センサーを使用、適正量のフロンガスを液化して充填します。

フロンガス回収再生

エコ!フロンガスを装置内に回収、特殊なフィルターを通して不純物を除去して再生します。

交換の目安

1年~2年または2万km走行ごとのクリーニングが推奨サイクルです。

Dr.Leak – ドクターリーク

エアコンガスに注入する蛍光剤・潤滑剤入りの冷媒ガス漏れ止め剤!Dr.Leak[ドクターリーク]は、蛍光剤・潤滑油[PAG]・R134aガス入りの機能的かつ高品質な冷媒ガス漏れ止め剤です。

[R-134aのみ作業可能・電動コンプレッサーを搭載したハイブリッド車・電気自動車には使用不可]

施工するメリット

冷媒ガス漏れが発生すると、その部位の圧力と温度が低下します。その際にドクターリークが冷媒ガス配管の外側から内部の表面まで徐々に集まってかさぶた状のシール油膜を形成、冷媒ガスの漏れを止めます。

今までの漏れ止め剤のように、水分に反応させて内部で固まらせたり詰まらせたりするものではないので、カーエアコンに影響なく安全に使用できます。

キャンペーン特典

7月1日(金)から8月31日(水)まで
エアコンガスクリーニング&ドクターリークが
通常時よりもお得な特別セット価格!

予約はこちらから

見積り依頼歓迎!
暑さが厳しくなると依頼が激増して希望日に作業できない場合あり!

冷房の効きを向上させたい方は早めの作業をおすすめします。確実に施工するために予約を受付中です。 詳しくは店舗へお問い合わせください。


【特典に関して】 上記の特典は店舗からお客様に送付しているダイレクトメールの特典やクーポン券・店舗レジ発行のレシートクーポン券などとの併用はできません。また一部商品は特典の対象外となる場合があります。


魅力的な特徴を徹底的にご説明&納得できる買い物のお手伝いをさせていただきます。カーエアコンの冷房の効きを向上して快適にドライブしたい方はオートバックスへお気軽にお問い合わせください。

ATF交換キャンペーン – オートマ車の基本メンテナンスが特別価格

7月1日(金)から8月31日(水)まで実施

オートバックス ATF交換キャンペーン

シフトショックの解消、燃費の向上に効果あり!
ロングドライブが多くなる季節におすすめの
ATF交換・CVTF交換が特別価格。

フルードとしての役割を最大限に引き出すために定期的な交換が必要!ロングドライブが多くなる季節におすすめのATF交換・CVTF交換をお得な価格で実施できるキャンペーンを、7月1日(金)から8月31日(水)まで実施します。

ATF交換・CVTF交換

オートバックス ATF交換 オートバックス ATF交換

ATF[オートマチックトランスミッションフルード]はオートマ車用のミッションオイルで、動力の伝達・シフト制御・部品の潤滑・AT[オートマチックトランスミッション]の冷却/洗浄など重要な役割を果たすオイルです。

CVTF[コンティニュアスリーバリアブルトランスミッションフルード]は、2種類の滑車とベルトを利用した自動変速機・CVTの滑車の溝幅を油圧動作で調整するためのオイルです。

エンジンオイルと同様、ATF・CVTFもベースはオイルです。時間の経過とともに劣化していき、燃費が悪化したり、ギアが入りにくくなったり、変速ショックが大きくなるなどの症状があらわれます。

ATFの交換目安は「3万km走行ごとに1回」、CVTFの交換目安は「4万km走行ごとに1回」。交換することにより、スムーズな変速で大きなトルクでも確実に伝達、優れた保護性能を長期間にわたり発揮します。

最近は「交換・点検用のオイルレベルゲージが付いていないので交換できない」と言われるクルマもありますが、専用の工具を準備しているので交換を諦めていた方も是非ご相談ください。

交換しないと・・・

・燃費や加速の悪化の原因になります。
・故障した時に修理費用が高額になる場合があります。

交換すると・・・

・燃費の復活、加速の改善につながります。
・故障の予防につながります

走行6万km以上に渡ってATF交換をしたことがない場合は交換作業ができなくなります。

キャンペーン特典

7月1日(金)から8月31日(水)まで
高性能オイルを使用したATF交換・CVTF交換が特別価格!

走行距離・状態などにより作業できない場合あり、事前に点検して作業の可否を判断させていただきます。

過走行のクルマへのオプションもあります

オイル性能をクイック回復!過走行でATF交換・CVTF交換をあきらめている方や加速・燃費が悪くなったと感じている場合は、性能復活剤リバイブコンディショナーを使用するとATF・CVTFの性能が復活します。作業時間は15分~・持続効果は1~2年、過走行のクルマはお気軽にご相談ください。

予約はこちらから

実績多数あり!
希望日時に確実にATF交換・CVTF交換を行うために予約を受付中です。 詳しくは店舗へお問い合わせください。


【特典に関して】 上記の特典は店舗からお客様に送付しているダイレクトメールの特典やクーポン券・店舗レジ発行のレシートクーポン券などとの併用はできません。また一部商品は特典の対象外となる場合があります。


魅力的な特徴を徹底的にご説明&納得できる買い物のお手伝いをさせていただきます。安心&快適ドライブのためのATF交換・CVTF交換のこともオートバックスへお気軽にお問い合わせください。